不安を手放してタイミングの良さを手に入れる

目が覚めると天気予報通りどしゃ降り。

雷まで鳴って荒れた3月のスタートです。

出掛ける時間には雨が止んだけど

風が強いので交通機関には影響が出ている様子。

家でチェックした時点で電車に遅れが発生中

少し早めに出かけないと・・・と思いつつ

準備に時間がかかって、結局同じ時間になりました(^-^;

電車が遅れてないといいな~と思いつつ

心配や不安を手放しながら駅まで歩きました。

でも、こういうときに限って信号が赤になったり

踏切の遮断機が降りてきたりして足が止まります。

今までの私なら “え~、このタイミングで(。-`ω-)”

“早く、早くε≡≡ヘ( ゚Д゚)ノ” とイライラしたと思います。

余裕をもって家を出なかった自分は棚に上げて

目の前の状況に対して腹立ててしまっていました。

もちろん、焦らないわけではないんです。

むくむくと顔を出す不安を手放し続けます。

方法は「止まらない」だけ。

不安や焦りに意識が集中しないように

指を動かしました。

そうしながら駅に着くと、やっぱり電車は遅れています。

ホームに降りると掲示板には行き先の表示だけ。

これは時刻表通りに走っていない証拠です。

でも、2~3分しないうちに電車が到着しました。

“お、ラッキー♪”と思いながら乗ったのですが

この電車は途中で乗り継がないといけません。

乗り継ぎ駅で待つことも十分考えられます。

“さて、どうかしら?”と思いながらも

不思議と不安も心配もありません。

そうして乗り継ぎ駅に到着すると

すでに電車がホームに止まっていました。

私が乗った電車の到着を待っていたのです。

おかげでスムーズな乗り継ぎができました。

電車が遅れていたにも関わらず

普段と同じ時間に到着です。

今回はタイミング良く移動できました。

こうやって小さいながらも

ラッキー♪と思えることが増えるのは

心に心配や不安という不機嫌さを手放して

余裕を作ることができているからです。

自分で体験すると心の余裕って必要だなって思いますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)