歯医者さんでも気楽になれる

歯医者さんに行ってきました。

行きなれている場所ではありますが

あのキーーーーンという音だけは

何回聞いても肩に力が入ってしまいます。

根が小心者なので(^^;) 注射の類が苦手です。

あまりにも緊張しすぎて

採血検査のあとに貧血になったくらいです。

そうすると苦手意識がますます増えて

緊張の度合いが増していく・・・

ストレスが高まるスタイルと同じです。

自分自身でストレスが高い状態にしたものの

降り方を忘れてしまったため

ずっと高い状態が続いてしまいます。

「歯医者さんが怖い」という想いを手放せなくなり

行くたびに怖い、怖いと上塗りするようになるのです。

私には信じられませんが

注射も歯医者さんも全然平気という人がいます。

これが全員もれなく歯医者さんが苦手なら

歯医者さん=苦手 と言えるのですが

人によって異なるので、その公式は成り立ちません。

歯医者さんに対する私の気分が

苦手意識を作り出し、せっせと強化したのです。

自分で作りだしたものなので、解決も自分でできます。

歯医者さんに行く時から、治療中も

ずーっと不安を手放し続けます。

口を開けている時も手は自由なので

指先を動かしてみたり、

めぐり写真を思い浮かべて交互に見比べたり

「怖い」という機嫌の悪さに

フォーカスしないようにするのです。

すると、いつもなら“次は何があるんだろう?”と

自分の身に起きることにドキドキするのですが

意識が治療に集中しないので、普段より緊張せず

終えることができました。

だからといって、全然平気♪になったわけではありません。

苦手、怖いが減って、治療のたびに心が疲れることが

少なくなったくらいです。

でも、ちょっと変わるだけでも全然印象が違います。

このようにストレスを手放すことは

どんな場面でも活用することができます。

苦手なシーンがある方は、ぜひお試しくださいね♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)