ストレスは世界を狭くする

私の住んでいる街には大きな商店街があります。

平日はもちろん、休日になると

歩くのが大変なくらい賑わうのですが

ストレスフルのころは商店街を歩くのが嫌いでした。

人混みのザワザワする音がうるさいし

自分のペースで歩けないし

いつも “もう(; ・`д・´)” と

イライラしながら通っていたんです。

めぐり式心の処方箋は歩きながらでもできるので

覚えたてのころは練習をかねて

商店街を通る時に不機嫌を手放しながら歩いていました。

“確かに歩きながらでも深い呼吸ができるな~”

“ながらでできるって便利だわ~”

と、実感したり、確認しながら歩き続けていると

ある日、ふと商店街の雰囲気が違うことに気付きました。

今までよりも静かなんです。

いつもは耳元でガチャガチャ音がしている感じなのに

ちょっと離れたところで音がしています。

すごく道幅が狭く、通路の両側にあるお店が

迫ってくるように感じていたのに

“こんなに広かったっけ?”と思うほど通路が広く

店舗が迫ってくる感じもありません。

こんなにも商店街は静かだったんだ

その時に初めて、私のストレスが

世界を小さく狭く感じさせていたとわかりました。

ストレスフルは集中しているともいえます。

だから街の音が近くで聞こえたり

圧迫感を感じてしまい、余計に苦しくなっていました。

それがストレスを手放すことで集中から解放され

もともとの広さを感じられるようになったのです。

同時に肩の力が抜けているのも感じました。

イライラするから肩に力を入れて

緊張しながら歩いていたようです。

ただ歩くだけなのに疲れるなら

心にストレスが溜まっているかもしれません。

手放して気楽になると、歩くのが楽しくなりますよ♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)