不機嫌なまま続けることほど非効率なものはない

めぐりすとは生きるということを

「波打ち流れるようなもの」と考えています。

なので、心にも波がやってくると思います。

大きなタンカーなら小さな波など気にすることなく

多少の大きさの波でもかまわず進んでいけるけど

小さなゴムボートだと、小さな波でも振り回されて

大きな波では転覆してしまうかもしれません。

不機嫌さは船を小さくしてしまいます。

だからストレスが多い人は、

ちょっとの波でもアップダウンが激しくなるのです。

めぐりすとは波をスムーズに下る練習や

自分の心の船を大きくする作業をお伝えしています。

作業なので、時々トラブルが発生します。

そのトラブルに対処する最中も次々と波がやってきます。

この時に頑張る癖がある人はついつい頑張ってしまいます。

たとえば・・

イライラするのでめぐり写真を見比べてみた

ホッとする気楽な写真がいつもよりわかりにくい

これじゃいけないと、さらに見比べる

こんな感じです。

“もっとやらなくちゃ”と頑張ります。

でも、これって逆効果なんです、残念ながら。

「もっとやらないと」は「今、できていない」からですよね。

できていない焦りや不安がくっついています。

これを取り払わずに、続けると焦りや不安が増えていきます。

やればやるほどわからなくなります。

頑張ることは大事です。

必要なときはあります。

でも、そのときに不機嫌だと

どれだけ頑張っても不機嫌な結果に突き進みます。

どんどん心の船が小さくしてるようなものです。

そんな時はどうしたらいいでしょう?

ひとつは「止める」

頑張りすぎるというのは固執しているとも言えます。

固執とは一点集中している状態です。

周りが見えないくらい集中しているので

一度手を止めましょう。

顔を上げて周りを見渡すとホッとため息を付けますよ。

ひとつは「違う方法に切り替える」

めぐりすとが用意する方法には種類があります。

どんな時にも対応できるようにしているからです。

目的はホッと気楽になれればいいので

“これは今はダメだな”と感じた瞬間に

違う方法に切り替えればよいです。

頑張るなら機嫌よく♪

不機嫌なら頑張らない。

気楽に人生の波乗りをしましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)