無理やりポジティブになる必要・・・ある?

「ネガティブになりかけたら

ポジティブへ意識を向けよう!」

と、よく目にします。

ネガティブはダメなことで

ポジティブがいいこと、と

ずっと思ってきましたが

そうでもないな~と近頃は思います。

ポジティブシンキングと言いますが

これって「今、ネガティブです」と

言っているようなものですよね。

すでにポジティブだったら、

ポジティブに意識を向ける必要がなく

もっと先を見て行動していますから。

そして、うっすらですが

ネガティブを否定しています。

ネガティブじゃダメだって

心のどこかで思っているから

ポジティブになろう!と思うのであって

ネガティブでも満足できたなら

無理にポジティブになる必要を感じないでしょう。

なんでネガティブではダメなんでしょうね?

私の場合は、小さいころから

ネガティブがダメ・・・というか

常に向上心を持たないといけない!

って雰囲気がありました。

そんな場所で生きていると

「弱音を吐いたり、あきらめることはダメなこと」

という回路がいつの間にかできていました。

「できない自分は情けない」

「できないことは恥ずかしい」

「できないと思われてはいけない」と

どんどん考え方がひねくれていって

「できそうにないならやらない」と

石橋を叩いて叩いて渡らない状態になりました。

「私はダメだ」がなかなか言えませんでした。

負けた気がするからです。

何と争っているのかもわかりませんが(^-^;

ひとまず負けちゃ駄目だったんです。

育った環境や周りの状況もありますが

私がせっせと心に不機嫌を溜め続けた結果です。

あふれそうになったら押さえつけて

空間を作っては、また溜めることを繰り返しました。

せっせと溜めた不機嫌を、せっせと手放してみたら

時間はかかりましたが、だいぶ心が軽くなりました。

ずーっと言えなかった「私はダメだ」も

言えるようになりました。

一度、言えるようになったら

自分がいかにダメなのかに気づけましたよ。

ようやく( ̄▽ ̄;)

自虐とは違います。

許容です。

ダメだけど、これでいいじゃんって思えたんです。

はりぼてのように外向けに作った自分ではなくて

本当の自分と向き合い受け入れることができました。

ダメだ~、できない~とネガティブな言葉を

口にしながらも気分がいいんです。

無理してる私はどこにもいません。

言ってることはネガティブだけど気分はポジティブ

言葉で表現すると伝わりにくいですが

ひとまず良い気分です。気楽です。

こんな状態でいいんじゃないかしら?

無理になるものでもないし、なれるものでもない。

意外とダメな自分に気持ちよく浸っていると

やることとか、アイディアが浮かんでくることがあります。

これらを「引き寄せ」と呼ぶのでしょうね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)