心の調子が悪い時に決断してはいけません

落ち込んでいたり、イライラしたり

ため息が出たり、気分が沈んでいる時に、

重要な決定や、相手に何かを言うことは

できるだけ止めておいた方がよいです。

そういう時は「機嫌が悪い時」です。

機嫌が悪いときは

「機嫌の悪いタイミング」で

「機嫌の悪い態度」で

「機嫌の悪い言葉」を言ってしまいます。

相手にも同じだけの機嫌の悪さが伝わるので

結局、言いたいことの半分も言えずに終わったりします。

で、「やっぱりダメだ~」と

ますます体調も心も悪化させてしまうのです。

まず、何をするのがよいのでしょう?

それは心の処方箋で、あなたの機嫌をよくすること♪

これだけです。

機嫌をよくするって気楽になることです。

自分が気楽になると、息を吐くように

自然に言いたいことが言えるようになります。

そうすると、いざこざになりません。

本当かな〜って疑いたくなる気持ちはわかります。

私も最初はそうでしたから(^_^;A

でも、実践してみたら確かにそうでした。

同じ体験をした人も多くいます。

今、気分が晴れ晴れしなかったり

言いたいことが言えなかったり

いつも思っていた結果と違ってしまうなら

まずは心の処方箋で不機嫌を手放しましょう♪

どのくらいすればいいのかは人それぞれですが

ひとまず、しばらく続けてください。

いろいろと考えが浮かんでくるかもしれませんが

それはそれで置いておいて不機嫌を手放す。

もし、悩んだり迷っていたらメールやラインで連絡をください。

一緒に解決していきましょうヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)