ネガティブ思考も悪くない

先日、ネガティブ思考からの脱却法を

お伝えしておいて早々なんですが

ネガティブも本当は悪くないものですよ。

私はずっと虚勢をはっていたので

自分自身に対してさえ「私はダメだ」なんて

口にするのは許されない!とかたくなに思っていました。

弱音を吐いたら負ける!とずっと思っていて

自分にさえ嘘をつき続けてきました(^^;)

「私はダメですから~」と言うこともできますが

あくまでも冗談です。

本心では思っていませんでした。

めぐり式心の処方箋の効果を実証する実験の過程で

自分の弱さと向き合うことになったとき

どうしても「自分はダメだ」が言えませんでした。

心に溜まったストレスを手放し続けて

ようや「ダメだ」と言える覚悟ができて

一番最初に口にした時に

やっぱり悔しくて泣いてしまったくらいです(^▽^;)

でも、一度言ってみたら開き直れて

「ダメだ~、ダメだ~」と

ストレスを手放しながら言い続けたら

とっても気が楽になりました。

自分を認めるってこういうことか、と

すごく腑に落ちたことを覚えています。

嘘をついている「自分はダメ」には何も感じないけれど

めぐり処方箋を実践しながら「自分はダメ」と言うと

ほぉ~っと深い呼吸ができます。

それからは一般的にネガティブと言われる心の状態でも

深い呼吸ができるようになりました。

無理に自分を高いところに置いておく必要がなくなり

見栄や張ったりで自分を護る必要もなくなり

そうだからといって周りの人に何か言われることもなく

自分自身の生活も考え方も変わらないけれど

なんだか楽なんです。

今まで毛嫌いしていたネガティブの海に

思い切って飛び込んでみたら

ぷかぷかと浮くことができて気持ちいいな~という感じ。

(あくまでも私のイメージですけど)

ネガティブになるにもコツがあるんです。

ただただ沈んでいったら、浮いてくるのは大変です。

落ち込んでいくだけのネガティブではなく

気楽になれるネガティブ。

自分の弱さを認められる人が強い人。

それが出来る人は自然にストレスを手放しています。

気にしないでできているから実感はないと思います。

もし、ネガティブになりかけたら

じっとしないで動いてみてください。

動きながらネガティブになっていたら

落ち込むことはありませんからね。

それだけで?と思われるかもしれませんが

それだけなんですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)