めぐり写真の見方

「めぐり写真は間違い探しですか?」

と、よく聞かれます(^^;)

左右に同じ写真が並んでいるので

どこかに違いがあるのではないか?と思いますよね。

でも、これは左右同じ写真です。

ちょっと違って見えるとしたら

私の編集の仕方がイマイチだった証拠です(;^ω^)

めぐり式心の処方箋の基本は

「2つから『気楽』な1つを選ぶこと」

同じ写真を並べているのには訳があります。

例えば「黒いペン」と「赤いペン」

どちらか選んでください、と言われたら

“私は黒が好き” とか

“暗い気分になるから黒はイヤ” とか

“赤は緊急の色だからよくない” とか

選ぶのに、ついつい理由を考えてしまうんです。

これは私たちが考えるように教育されてきたので

当然といえば当然です。全然おかしくありません。

でも、めぐり式心の処方箋の選択の基準は『気楽』

「好き」でも「嫌い」でもなく

「どっちが見ていてラクかな~」です。

たとえ赤が嫌いでも、その時に

なんとなく赤が見続けられるな~ と感じたら

赤を選ぶのが心の処方箋の選択方法。

頭で考えずに感覚で「気楽」な選択する。

そのために余計な情報をカットしたいので

同じ写真が並んでいるんです。

選択する基準が今までにはないものなので

最初は戸惑うかもしれませんが

「気楽」な法を選んでみてくださいね♪

気楽って何? わかんないんだけど(-“-)

そんなあなたは、かなり機嫌が悪いです。

一刻も早く心の処方箋を手にすることをおすすめします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)