花粉症と腸内環境

花粉症対策のひとつに

「腸内環境を整えること」があげられます

花粉症と腸って関係あるのでしょうか?

花粉症は、免疫機能の異常反応と言われています。

そのため免疫力の調整をおこなっている腸内関係も

大きく関係すると考えられています。

免疫機能を調節している免疫細胞の

約6割が腸内に存在するそうです。

生活習慣が乱れたり腸内環境が悪化すると

腸内細菌のバランスが崩れます。

すると花粉症などのアレルギー症状が起きやすくなります。

実際に腸内環境を整えたら

花粉症の症状が改善した人もいます。

では、どうやって腸内環境を整えるのか?

改善した方は、いつも口にしていた

冷たいものと甘いものを控えたそうです。

やはり食生活が大切ですね。

花粉症対策には「ヨーグルト」と耳にしますが

私、ヨーグルトを食べると冷えます(;^ω^)

それに食べても手ごたえのある改善がなくて・・・

腸内環境を整える他の食品を探したら

納豆や味噌や漬物などの発酵食品や

ごぼう、切り干し大根など食物繊維が

紹介されていました。

これって、昔ながらの日本の食事です。

お味噌汁、ごはん、納豆、漬物、煮物・・・

和食は腸内環境を整える力があるんですね。

この前、久しぶりに切り干し大根を食べたら

とってもおいしく感じました。

身体が欲しているのかもしれません。

腸内環境を整えて、からだのめぐり改善を♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)