「機嫌良く怒る」と残らない

「機嫌良く怒る」と文字にすると

竹中直人氏の「笑いながら怒る人」みたいですねw

彼のような芸をするってことではありません。

「機嫌良く」と「怒る」は

矛盾しているように思えますが一緒に出来ます。

怒りを感じた時に、その怒りを手放すのです。

怒りとは不機嫌な状態です。

その不機嫌が心の器から溢れ出る前に

どんどんすくって捨てていくと

心の器に余裕ができます。

この余裕は、余計な一言を口にしたり

不快な態度をとったり

ますます不機嫌な発想になることを

防いでくれます。

不機嫌な感情で当たり散らさなくてすむのです。

必要なことだけを伝えられるようになります。

冷静に伝えることもできるし

声を荒げて伝えることもできます。

どちらの場合でも不機嫌を手放しているのは同じです。

今日は腹立たしいことがありました。

なんだと!Σ(*`ω´*)と心が波立ちましたが

湧いてくる憤りを振り払っていくと

そんなに大きなことではないように思えて

まぁ、いいかとすんなり流すことができました。

毎回、この対応が正解なわけではありません。

今回は大きく心が波だったものの

そんなに騒ぎ立てることじゃないとわかっただけです。

その時、その時で、どのような対応をしたらいいのかは

自然とやってきます。それに合わせればいいだけです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)