気持ち良く落ち込むことができるんです♪

「落ち込むのはいけませんよね?」

メール講座をお読みいただいた方からご質問がありました。

いけないと言えば、そうかもしれませんが

ある条件を満たせば、悪いことではありません。

「あ~あ、なんて自分はダメなんだろう」

昔の私は、絶対に口にしてはいけないと思っていました。

自分のダメさ加減を認めたら負ける気がしていました。

私は出来る!と無理やり言い聞かせていたのです。

でも、不機嫌さを手放し続けてみて

自分がびっくりするくらい機嫌の悪さを抱えていることを知り

すべてに腹立たしく感じていたことに気付き

本当の自分はとっても小さいことを認められたら

ダメな自分が存在して、それも悪くないと思えました。

いいじゃん、ダメなところがあっても。

私は私で変わらない。

それが心の底から納得出来たら

フッと肩の力が抜けました。

「私ってダメなんだな」

こうやって落ち込むときに必要なのは心の処方箋です。

何もしないで、がっくり肩を落として、じっとしながら

落ち込むと、機嫌が悪くなっていきます。

これはよろしくない落ち込み方です。

心の処方箋を使うと、じっとすることがありません。

たえず動きながら「ダメだな~」と言うと

落ち込むのですが、機嫌は悪くならないのです。

不思議かもしれませんが、そういうものなのです。

むしろ、落ち込むことが気持ちよくなってくる。

ダメな自分を愛せるようになるのです。

そのためには練習量が必要です。

正しい不機嫌の手放し方を繰り返すと辿り着けるので

ぜひ、あきらめずに続けていきましょう♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)