食べることは生きること

ドラマ「アンナチュラル」で
死と向き合う主人公が黙々と
食事をするシーンを観ながら
思い出したことがあります。

ずいぶん前のことですが
食事に前向きになれない時期がありました。

まったく食べないわけではなく
食べたり食べなかったり
ムラのある食事をしていました。

きっかけは忘れてしまったけど
食べることが無意味のような
食べてはいけないような
そんな気持ちがありました。

でも、そんな私に「どんな時でも食べなさい」と
教えてくれた人がいました。

何が起きてもまずは食べる

これが生きる基本だよって。

その人は高校生の時にご家族を亡くしたのですが
悲しみの中でもしっかり食べたそうです。

どうして?と尋ねてみたら

「食べないのは失礼でしょ?」と言われました。

食べ物に失礼なのか
生きることに失礼なのか
何に対してなのか明確な答えではないけど
その言葉に“なるほど”と思いました。

それから食べるようになりました。

あの時のひとことに今では感謝しています。
今は一食を大事にしようと思ってます。

食べるものは何でもいいんです。
ちゃんと「いただきます」と「ごちそうさま」が
言えることがありがたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)