何も考えないことの大事さ

「疲れたな~」と感じる場面は多々あります。

運動やカラダを動かした肉体的な疲労は休めば解消します。

仕事が忙しかった

苦手な人とすごす時間が長かった

慣れない場面で慣れない作業をした

精神的な疲労の場合はどう解決すればいいのでしょう?

好きな音楽を聴く 本を読む 映画を観る

美味しいものを食べる 出かける・・・

いろいろな方法がありますね。

毎回同じことをして解決できるならいいですが

必ずスッキリするかといわれるとわからない。

だから、様々な方法が紹介されたり

そもそも精神的な疲労を蓄積することがダメなんだと

心を強くしよう!という発想まで起きてしまうのです。

精神的な疲労を手放す方法はもっと簡単なことです。

いつの間にか誰かが小難しくしてしまったのですが

癒しはいつでも手に入れることができます。

何をしたらいいかというと

考えない

これだけです。

何も考えない時間が10秒もあれば手放せます。

慣れてくれば一呼吸ごとにできるようになります。

手放すというとイメージしにくいかもしれませんが

ホッとしたり、気楽になることも同じです。

私たちは小さい時からの習慣で

ついつい考えるクセがついています。

気づいてなくても考えています。

頭(脳)がたえず動いている状態です。

何も考えない時、頭の動きが止まります。

その時カラダも心もリラックスできてます。

言葉で伝えると難しそうですよね(^-^;

実際に体験したほうが早いので

それができるような時間を作りたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)