心の処方箋はどこでもできる その2

2つのものから気楽な1つを選ぶ心の処方箋

インスタグラムやFacebookの写真で
毎日練習しています♪ という感想をいただきました。
嬉しいですね(*^-^*)

でも、写真じゃないとダメかというとそうではありません。
前回も、生活のなかでありとあらゆるものが
練習材料になることをお伝えしました。

今、両手を目の前に出してみましょう。

右手と左手、左右の手を見比べて
どちらを見るのがラクですか?

同じ手なのに、それぞれに視線を動かしてみると
若干感じ方が違うことに気付くと思います。

今度は、左右どちらの手でもよいので
親指と小指を見比べてみましょう。
どっちの指を見ている方がラクですか?

ラクというのは
“しばらくこっちを見ていてもいいな~”という
感覚と言えばよいでしょうか。

無理なく見ていられる方、とも言えますね。

人差し指と薬指でもいいですよ。
比べるものが2つあれば心の処方箋はできます。

近くに比べるものが無い場合
あなた自身の身体が心の処方箋の練習材料になります。
喜楽に生きる種をすでに持っているわけですね♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)