不機嫌の森から抜け出そう

不機嫌を手放す作業にり組み始めた人の多くが感じるのは

「変わった実感がわかない」ことだと思います。

不機嫌を手放して、なんとなくホッとするのはわかった。

それも何度やってもホッとできるのも体感できた。

気楽になるから続けるけれど

自分はどう変わっているのかイマイチわからない・・・

これは仕方がないし当然のことです。

なぜなら不機嫌を手放し続けても

生活や思考のパターンが変わらないので、

自分自身の変化に気づくのには少し時間がかかるからです。

ストレスが高い人は不機嫌な森の中にいるようなものです。

周りの人は深く茂っている森の樹々に

春になると花が咲くことを見ることができます。

でも、森の中にいると気づけません。

機嫌の悪さを手放しながら不機嫌の森から出て、

しばらく歩いて振り返ったときに、

「あ、あんなに大きな森だったのか」と

自分が森の中にいたことに気づけるのです。

だから不機嫌を手放し始めると

「雰囲気が変わったね」「なんだか落ち着いたね」と

あなたという森を見ている周りの人が気づいてくれるのです。

その時のあなたは、まだ森の中を歩いている最中なので

大きく景色が変わらないから「そうかな~」と感じてしまいます。

森から出るスピードは人によって違うし

どのくらい不機嫌の森が大きいかもそれぞれなので

かなり離れないと全体が見えない人もいます。

でも、わからないことはありません。

不機嫌を手放し続けていると、

そのうち“そういえば” と思うことが起きてきます。

私は不機嫌の手放し方のセミナーを開催していますが

先日のセミナーでジャケットを一度も脱がずに

最初から最後まで講義をしました!

・・・え?それが何?と思いますよね(;^ω^)

でも、これって今までになかったことなんです。

機嫌が悪かったころは、身体に力が入りやすく

緊張しいなのもあって、すぐ暑くなっていました。

冬のセミナーでも半袖で話していたくらいです。

それがジャケットを着たまま話し続けたんです。

セミナーが終わってから

「あ、ジャケット着たままだった」と気付きました。

以前の私を知っている人は驚くと思います。

私自身もビックリでしたから。

このように、本人は意外と気付かないんです。

そして、気付いた後にじわじわ~っと

変化した手ごたえを感じるものです。

「うわ~、ジャケット着たままセミナーできたよ~」

と、私もあとから嬉しさがじんわりやってきました。

変化がわからないと、すぐに止めてしまうのは

不機嫌の森の中をさまよい続けることです。

習慣になるのには時間がかかります。

変化の手ごたえを感じるのも時間がかかります。

それだけ、あなたが不機嫌の塊を抱えてきたのです。

変えられるのはあなただけ。

森の全体像を見るまで、不機嫌を手放し続けましょう!

不機嫌の森の外は世界が広がっていますよ♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)