まぁ、いいかも悪くない

性格は持って生まれたものと
環境によって構成されていきますが
根が「真面目」傾向にある私

心の処方箋を続けて気楽になると
「マイルール」がたくさんあることに気付きました。

そして、そのルールからはみ出す人に
イライラを積み重ねていたのです。

電車に乗って駅に着いて
目の前の人が改札口を出る直前になって定期やカードを探す人だと
“なんでもっと前に出しておかないの(; ・`д・´)”とイライラ

スーパーでレジの金額が表示されてから財布を出す人に
“もっと前から財布だしておけばいいのに(。-`ω-)”とイライラ

混雑した商店街でゆっくり歩いている人がいると
“さっさと歩けばいいのに(-_-メ)”とイライラ

でも、このイライラは感じていないんです。

なぜなら、こんな小さなことでイライラするような
器の小さな人間のはずがないと
自分自身に言い聞かせているからです。

自分の心のはずなのに、自分をごまかしていました。

心の処方箋をやってみて、
初めてイライラしていることを知りました。

こんな小さなことで腹を立てていたんだと
自分の器の小ささにビックリ(;^ω^)
情けなくなりました・・・

心の処方箋の便利なところは
イライラもビックリも情けなさも
どんどん手放せることです。

どうして?と理由を考える必要もなく
何てダメだと自分を卑下することもなく
イライラやビックリや情けなさを感じながら
心の処方箋でホッとすることを繰り返しました。

それからは、同じ場面に出くわしたときに
「まぁ、いいか」と思えるようになりました。

あきらめる言葉のように聞こえますが
仕方ないとか、無理やりではなくて
とっても前向き♪

機嫌の良い「まぁ、いいか」は
無駄な力が抜けて、すべての成り行きに
お任せすることなんだと思います。

だから、いつの間にかイライラしていた場面に
出会う回数が減っています。

もし、出会ったとしても「まぁ、いいか」

心の処方箋の練習時間だな、くらいにしか思いません。

以前は「まぁ、いいか」と思うなんて
あきらめる気がして許せなかったけれど
今は、いい言葉だな~と感じます。

これくらい、人は簡単に変われますよ。
だから、安心して心の処方箋を続けてくださいね♪

真面目な自分が大嫌いでしたが
今は良いじゃん♪と思えるようになりましたから!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)