すべては潜在意識の導きの結果

やらなくちゃいけないことはたくさんあるのに

なかなか手をつけられない・・・

順番をつけてみても進まず

手当たり次第にやればいいというから

手に取ってみたけどやらず・・・

そんな状況になったことはありませんか?

ようやく「やろう!」と重い腰をあげると

その瞬間に電話が鳴ったり

メールが届いたり

違う仕事を頼まれたり

・・・で、結局できずに終わる。

私も“やらなくちゃ~”と思うことに

取り掛かるまでに時間がかかり

やっと「よし!」と気合をいれるのですが

途端に違うことが気になってしまい

そちらの作業を始めてしまいます。

これらは潜在意識の抵抗です。

どうしてかはわからないけど

行動できないように、そっと邪魔してきます。

取り組んで変わることが嫌なのか

“今日もできなかった”と落ち込ませて

ダメな自分のままでいさせようとするのか

目的はわかりません。

でも、今の自分と変わってほしくないのです。

潜在意識は変化することが嫌いだから。

先ほどの私の行動で

絶対にやってはいけないことがありました。

何かわかりますか?

それは「「よし!」と気合をいれる」こと

そもそも“やらなくちゃいけない”と思っている時点で

それらのことに対して気分が悪いんです。

気分が悪いまま気合を入れたら

やらない、手につかない方へ全力で走るのと同じ。

気分の悪さの上塗りをするから

ますます手につかなくなります。

やることは気合を入れることではなく

取り組むことに対して抱いている

不機嫌を手放すこと。

どんな思いなのか、どれだけ嫌なのかを

はかり知ることはできません。

だから、どうしてできないんだろう?とか

できない自分はダメだな~とか

やらないほうがいいのかな~と

あれこれ想いを巡らす前に

どんどん手放すのです。

そのうち、

やってもいいかな、やろうかな、と

自然と取り組めるようになります。

もしかしたら、

やらないという結果になるかもしれません。

不機嫌さを手放すと潜在意識が

一番最適なルートに導いてくれます。

自分自身で決断したように感じますが

すべて潜在意識の導きの結果です。

潜在意識に邪魔ではなく応援されるように

不機嫌は手放してしまいましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)