相手のせいにするのはラク。だけど・・

仕事や人間関係でうまくいかないことがあると

自分がダメだと思う反面、

誰かのせいや、何かのせいにしたくなります。

旦那のせい、義父母のせい、

部下のせい、上司のせい、

「だから、私が苦労しているんだ」と思いがち。

私が不機嫌を手放し始めたころ

世の中すべてに腹を立てる時期がありました。

ムカムカ、イライラと理由がわからないけど腹立たしい。

それをすべて周りのせいにしていました。

私の前にレジに並んでいる人がもたもたしていてムカつく

駅についたら電車が予想以上に混んでてイラっとくる

道が混んでて、私のペースで歩けなくて腹が立つ

あの人のせい、この状況のせい、

私が腹立たしいのは世の中のせいだ!と思っていました。

それまで、怒りの感情を外に出さずに暮らしてきたので

ムカムカ、イライラすることに段々疲れてきます(;^ω^)

なんで私ばっかり、こんな想いをしなくちゃいけないんだー!!

ふざけるなー!本当にムカつくーーーー!!と思ったときに

はたと気づきました。

いや、待てよ。

レジに並んだ人、電車、街並み・・・

状況が変わるだけで、イライラしてるのって私じゃないの?

ってことは・・・腹立たしく感じる私が悪いってことかΣ( ̄ロ ̄lll)

誰かのせい、何かのせい、にしたいのは「私」

何か理由を作ってイライラしているのは「私」

結局 「私」 が変わらないとダメなんだと心底わかりました。

すごくショックでした。

「私が悪い」と認めたくなかった(-_-;)

ちっちゃな、ちっちゃなプライドが邪魔をしてました。

周りのせいにしていれば私自身を正当化できたのに

私が悪いとなると、私自身でなんとかしなくちゃいけない。

もう、周りのせいにはできない。

これに気付いて納得できてから

不機嫌を手放すスピードが加速したように記憶しています。

自分は傷つきたくないものです。

だって、どんなに嫌いだと思ってもかわいいですもの。

周りのせいにしていればラクです。

でも、それでは何も解決しません。

変わりたくない、傷つくのはイヤだ

そう思う潜在意識が原因をすり替えているのです。

だから人のせいにしているうちは、

あなたの機嫌は悪いままです。

そっかぁ、自分がダメだったんだぁ

そうやって自分を認める瞬間が

不機嫌を手放し続けているとやってきます。

これは続けた人でないと辿り着かない場所です。

だから、いろいろ思うことはあるでしょうけど

不機嫌を手放し続けてほしいのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)