引き寄せの法則のやり方

引き寄せの法則の本に

「いい気分で思いどおりの人生を生きる方法」

とありました。

「いい気分」でいると自分の願いや希望を

引き寄せられるというわけです。

「いい気分」が大事ですよ~と言っているのは

心の処方箋も同じです。

「いい気分」ってどんな気分かというと

心の処方箋では「ホッとする」と解説しています。

言葉で解説するとちゃんと伝わらないのですが

一番わかりやすいのは「お手洗いに行って用を足す」

あの時の感覚です。

お手洗いなら誰もが1日に何度も行きますよね。

それも無理せず、頑張らずにできます。

あまりにも当たり前すぎて、それが大事だと

誰も気づかなかった感覚。

これを、心の処方箋は何よりも大事だと考えてます。

でも、その感覚を身につけるために

何度もお手洗いにいくわけにはいきませんね(;^ω^)

心の処方箋はその感覚を

2つのものから気楽な1つを選ぶということで

いつでもどこでも体感できるようにしました。

心の処方箋を続けると、

遅れそうになった約束の時間に間に合った

並んだス―パーのレジがスムーズだった

帰り道の信号が全部青だった

と、小さい良いことがどんどん起こります。

それから、いつも言い争っていた家族が穏やかになった

会社の人間関係がスムーズになった など

周りが変わってくることに気付きます。

良いことを引き寄せるには「気分がいい」が大事だと

実感できるようになってきます。

心の処方箋を実践して、小さくても良いことを

引き寄せてみましょう♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)