心のめぐり一覧

考えるよりは感じることが大事、でも・・・

言葉もイメージも必要とせず

もともと持っている人間の“感じる力”を

活用すれば、気楽に生きられる

心の処方箋の使い方をお伝えしていますが

考えてはいけないのかと尋ねられることがあります。

 

考える=頭の中が動いている 状態ですが

この時に、考えることだけに集中すると

ストレスレベルがあがる「一点集中」になります。

 

考えに執着する・・とも言いますね。

離れられなくなって、ひたすら

ストレスレベルがあがってしまいます。

 

本当は考えなくてもいいのですが

現在は考えないといけない場面が

それはそれはたくさんあるので

結果的に考えることが増えます。

 

いや!それなら考えない!!

 

というのも手ですが

それでは社会生活が成り立たないので

必要に応じて考えることは避けられませんね。

 

要は、考える時に一点集中しなければ、

考えに執着しなければいいのです。

 

そのためのポイントは

頭の中だけでなくカラダを動かすこと

 

考える時って、だいたい止まってますでしょ?

それを続けると一点集中になっていきます。

考えながら、どこでもいいから動かす。

それもほんのちょっとでかまいません。

 

そうすると、頭だけでなくカラダも動くので

一点集中しづらくなり、考えても執着を手放せます。

 

ストレスを上手に手放せる人は

これが自然とできています。

(カラダが動くでも貧乏ゆすりは少し違います(-_-;))

 

昔の賢人たちは散歩をしながら議論したといいます。

黙って考えるということをしていませんよね。

それと同じ環境を作ればよいのです。

 

考えるときは動きながら!

 

ぜひ、お試しくださいね♪

 

 

知らないでやる、ことと

知っててやる、ことでは

同じ行動でも結果が違います。

 

そのために心の仕組みを知ってほしい

そう願いながらセミナー活動を続けています♪

 


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)