心のめぐり一覧

ネガティブ思考でも気楽になれる

ネガティブだからダメですか?

ネガティブでもいいですか?

と聞かれても「そうだね」とすぐ答えられないのは

ネガティブの時の気分で結果が変わるからです。

 

ポジティブ思考と言いつつ

心の奥で否定したり、無理していると

心は嘘をついているのがお見通しなので

否定や無理が心に溜まります。

 

カラダを動かさないまま

ネガティブ思考をすると

それはストレートにネガティブとして

心に溜まっていきます。

 

どんな考えをするときも

心=気分 が良かったり、ホッとしたり

無理をしていない良い状態であることが大事。

 

ネガティブ思考や発言をするときに

ホッとできると、それはネガティブとして

心に溜まりません。

 

ホッとしているから心としては

良いこと♪ と判断してくれるのです。

 

私はずっと自分はダメだって言えませんでした。

その言葉を言ったら自分に負ける気がしてました。

 

心の処方箋の練習の一環で

ストレスを手放しながら

「自分はダメだ」と言うときも

最初はものすごく強い拒絶がでました。

 

その拒絶を手放すのに時間がかかりましたが

ようやく「自分はダメだ」と言えた時

深~く息が吐けました。

 

この瞬間をきっかけにして

自分へダメ出しを始めたのですが

気分よくダメ出ししているからか

すごく気楽になるんです。

 

あ~、スッキリした♪

 

毎回、そんな気分です。

 

ネガティブを受け入れていることは

自分のダメさ加減も認めること。

これができるようになってから

自分を好きになれました。

 

ネガティブ思考は悪くない

ただし、機嫌が良い状態であること

 

気楽にネガティブに浸りましょう♪

 


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)