心の処方箋はどこでもできる その1

心の処方箋は「2つからラクな1つを選ぶ」ことで
ホッとする練習法です。

インスタグラムやツイッターで
練習用のめぐり写真をアップしているので
それを見比べるだけで心の処方箋はできます。

でも、めぐり写真がなければダメかというと
そうでもありません。

たとえば、このブログ

今日のタイトルは
「心の処方箋はどこでもできる その1」

この「心」と「1」を見比べて
どちらかラクな方を数秒見つめてもいいですし
一呼吸ずつ交互に見続けても良いです。

もちろん、どの文字でもいいですよ♪

では、外に出てみましょう。

玄関で靴を履くときに靴に注目です。
左右、どちらの靴から履いたら気楽そうですか?

こちらの足から靴を履く!と決めている方もいるでしょう。
それはそれでよいのですが「気楽さ」を基準に
左右の靴を見比べてみると、また違うものです。

気楽な方から靴を履いてみると
いつもより足が軽く感じるかもしれませんよ♪

足取り軽く歩いていると交差点で
信号待ちをすることになりました。

歩行者用信号の赤と青
どちらが気楽かな~と見比べれば
待ち時間にも心の処方箋ができます。

行きかう車のテールランプの右と左でも
ラクに見える方はどちらかなと思いながら見ると
左右で違いがあることに気づくでしょう。

今までも、比べることはしていたと思います。
心の処方箋は比べる基準が「気楽さ」です。

この基準で見比べてみると
日常生活すべてが心の処方箋の練習材料になります。

世の中は機嫌が良くなるもので溢れています。

幸せの種がゴロゴロ転がっているんです。

私がストレス状態でイライラしたときは、
見るものすべてにイライラしていました。

イラつかせるものばかり目に入ってくるのです。

でも、心の処方箋をしてからは違います。

同じものを見ているのに
気分が違うだけで、世界はまったく違って見えます。

これは体験しないとわからないことなので
どっちがラクかな~と心の処方箋をしながら
喜楽な時間をおすごしくださいね(*^-^*)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)