昔取った杵柄 は本当だ

夕方、来店されたお客様。
「どうされました?」と聞きかけた私を
サッと手を挙げて静止し、そっと横を向いた耳に補聴器が。

「耳が」と仰るのがわかったのですぐに、紙とペンで筆談しました。

こういう時、ちゃんとした文章にしなくても意外と通じるものです。

時間を聞くときは漠然といつと書かずに
昼、夕方、夜 と選択にすれば、話は早い。
会話と同じですね。

書くよりもジェスチャーが早ければジェスチャーで。
書いて、身振りで、会話が進みます。

仕事中なのでマスクをしていましたが、ダウンタウンの松本さんが
耳の聞こえない人にマスクをしたまま「ありがとう」と言ってしまったと
ツイートしていた記事を読んでいたので、マスクを外して、口も動かしました。
うっかり、マスク姿で対応してしまうところでした。

短大で手話を多少学び、施設でもサインを使っていたので
お待ちください、わかりました程度は手話でできます。

予約は時間が合わなくて、次の機会となりましたが、
最後に「ありがとう」と手話で伝えたら
「手話できるんだね」と返してくれました。

少しですけど、とちょっとのサインをすると
ニッコリ笑って手を振って行かれました。

今まで経験したことや、知り得た情報は無駄にならないものですね。

嬉しかったけど、かなりのくやしさも感じました。
もっと知っていれば話ができたのに・・・
お大事に、と、お気をつけて、は手話で出来るようになりたいです。

こういう時が学び時でしょうね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)